トラブルを防ぐために

ピアスやボディピアスをせっかく開けたのに、トラブルが起こってしまうと、お洒落ができないことがあります。
ですので、トラブルを防ぐためにも、ピアスやボディピアスを開ける際はある程度の知識を持っていたほうがいいと考えられます。

ピアスやボディピアスを清潔に保つことは大切なことです。
しかし、中には頻繁にケアを行っていても何らかのトラブルが発生してしまうという人もいます。
トラブルに多いのが、アレルギーです。
ピアスによって起こるアレルギーは、金属アレルギーが上げられます。

金属アレルギーとは、金属を体に身につけることで、体が痒くなる、湿疹がでるという症状がでます。
金属アレルギーの方に関しては、金属製のピアスは避けたほうがいいと考えられます。

最近では、樹脂でできたピアスも出てきています。
金属アレルギーの方は、樹脂ピアスや金属以外でできたピアスをつけることでトラブルを防ぐことができます。

ケア方法

ケア方法としては、消毒を行う、ピアスホールを綺麗に洗うことが大切です。

ピアスやボディピアスを開けることで起こるトラブルを防ぐためにも、ピアスホールは綺麗にしておく必要があります。
ピアスホールを洗う際は、ボディーソープ等で泡立てて洗うことで綺麗な状態を保つことができます。

また、ピアスを動かすことができる場合は動かしながらピアスホールの中も綺麗に洗うことが望ましいと言えます。

ピアスやボディピアスは、穴が安定するまでに時間がかかってしまいます。
そのため、消毒やピアスホールを洗う際は、ピアスを取らずに洗うことが望ましいと言えます。

ケアを忘れてしまう人や怠ってしまう人がいます。
しかし、ピアスやボディピアスはケアがとても重要です。
意識して頻繁に消毒をすることを心がける必要があります。

ピアス穴から血がでる、化膿している場合は、すぐに医師に診てもらうことが大切です。
早期治療が安全に使用していくために重要だと言えます。

体のお洒落

ピアスは耳たぶや耳の軟骨などに開けるものですが、ボディピアスは耳たぶ以外の場所に開けます。
耳たぶ以外の場所と言うと、鼻や舌、おへそなどです。

ボディピアスは、ピアスに比べ危険と言われています。
ですので、病院の医師にあけてもらうことが望ましいと言えます。
自分でやると危ないため、知識のある医師にあけてもらうことが安全です。

ボディピアスには、ステンレス性の素材、チタン、アクリル、プラスチック性の素材が使われています。

自分の体に合わせた素材を利用することで、ボディピアスをやることによって起こるトラブルを防ぐことができます。

ボディピアスは、ピアスと比べると安定するのが遅いと言われています。
ですので、ピアスよりも長い間、つける必要があります。

ボディピアスは、大きさや種類が様々あります。
大きいサイズのものは、体に負担をかける場合もありますので、選ぶ際には自分の体に合わせたものを選ぶことが大切です。

アーカイブ

Bookmarks